2level_left2
2level_left3
2level_left4
2level_left5
2level_left6
2level_left7
2level_left8
2level_left9
2level_left10
2level_left11
2level_left11
4月1日 介護保険総合事業 訪問型サービスA(生活支援ヘルパー)開始
平成29年4月1日 地域福祉推進計画策定(宝塚市社協第6次計画)
3月31日 小規模デイサービス(民家型通所介護事業)安倉の家閉所
平成28年 1月8日 地域サポート事業(野上の家)の実施
4月1日 宝塚市高齢者・障がい者権利擁護支援センター移転
平成27年 4月1日 せいかつ応援センター市役所内に開設
平成26年 2月 宝塚市セーフティネット会議開催
11月 安心地区整備推進事業の実施
平成25年 5月7日 長尾地区センター移転
4月1日 ごてんやま地区センター移転
3月31日 御殿山よりあいひろばおよび長尾介護予防拠点の閉鎖

平成24年 5月25日

宝塚市高齢者障がい者権利擁護支援センター開設

(NPO法人宝塚成年後見センターとの共同運営)

3月 1日 小規模デイサービス(民家型介護事業所)ふれあいあさひ開設
1月10日 ケアセンター仁川(居宅支援事業)開設
平成23年 3月28日 第5次 地域福祉推進計画の策定
3月11日 東日本大震災 以降、被災地への職員派遣を継続して実施
平成22年11月 くらしサポーター事業の開始(ちょこっとヘルパー事業の見直し)
6月 地域福祉優秀実践賞を受賞(日本地域福祉学会より)
平成21年11月 安全で安心な楽しいまちづくり事業開始(安心生活創造事業)
6月 あんしんサポートセンター(権利擁護センター)の開設
4月 不登校・ひきこもり支援事業(思春期ひろば事業)
2月 ちょこっとヘルパー事業開始
平成20年11月 いきいき歩いて健康事業開始、認知症サポーター養成事業開始
9月30日 ニッセイ財団高齢社会先駆的事業助成終了
6月 日中一時支援事業開始
3月31日 小林地域包括支援センターに仁川在宅介護支援センターを吸収
平成19年12月 3日 小規模デイサービス(民家型通所介護事業所)安倉の家開設
平成18年11月 1日 自立支援法施行にともない、障害者自立生活支援センターに地域活動支援 センターを開設
10月 1日 自立支援法施行にともない、障害者デイサービスを障害者支援センター
(安倉西・安倉南)に名称変更
5月23日 小規模デイサービス(民家型通所介護事業所)野上の家開設
4月 1日 小林地域包括支援センター開設
平成17年10月 1日 ニッセイ財団高齢社会先駆的事業助成を受ける。
(期間 平成17年10月から平成20年9月まで)
8月22日 小規模デイサービス(民家型通所介護事業所)鹿塩の家開設
4月 1日 ケアセンター安倉(居宅介護支援事業所)開設
3月23日 地域福祉推進計画(宝塚市社協発展計画)策定
平成15年 4月 1日 支援費制度導入
10月 1日 御殿山よりあいひろばオープン
平成14年11月 1日 よりあいひろばオープン
光明地区センター移転、おばやし地区センターに名称変更
平成14年10月 1日 安倉南デイサービスセンター・安倉児童館オープン
6月 1日 フレミラ宝塚オープン(老人福祉センター移転、大型児童センターオープン)
4月 1日 ソリオ地区センター移転、ごてんやま地区センターに名称変更
民生委員・児童委員連合会事務局を市より移管
2月 ボランティア活動センター ぷらざこむ1へ移転
平成13年12月 地域福祉活動計画策定
10月 1日 安倉地区センターオープン
7月 1日 長尾地区センターオープン
4月 1日 仁川在宅介護支援センター運営受託
平成12年 4月 1日 介護保険事業開始
仁川デイサービスセンターオープン
高司児童館オープン
ふれあいいきいきサロン支援事業開始
平成11年10月 1日 地域福祉権利擁護事業開始
ソリオ地区センターオープン
ケアセンター光明(居宅介護支援事業)開設
4月 1日 安倉在宅介護支援センター運営受託
1月 西谷地区センター開設
平成10年10月 1日 中山台地区センターオープン
障害者自立生活支援センター運営受託
平成10年 4月 1日 光明訪問看護ステ-ション事業開始
ホリデイサ-ビス事業開始
福祉コミュニティ支援事業開始
平成 9年 10月 巡回型ホームヘルプサービス事業開始
8月 生活復興相談員設置
7月 1日 光明在宅介護支援センター運営受託
逆瀬台地区センターオープン
5月 新地域福祉計画策定
4月 サテライトデイサービス開始(安倉デイ)
平成 8年 6月 光明地区センターオープン
平成 7年 1月17日 阪神・淡路大震災 以降、被災者支援と復興活動を開始
平成 6年 4月 5日 ボランティアセンターソリオコーナーオープン
平成 5年 7月 1日 ふれあいのまちづくり事業を国から指定を受ける
(指定期間 5.7.1~10.3.31)
4月26日 光明デイサービスセンターオープン 光明老人デイサ-ビス事業開始
4月 1日 在宅痴ほう性老人介護支援事業開始
平成 4年11月 愛の持ち寄り運動協会廃止
7月 1日 全身性ガイドヘルパー派遣事業開始
3月31日 機能訓練事業を市へ移管
3月31日 要約筆記奉仕員派遣事業を市へ移管
平成 3年 4月 1日 老人配食サービス事業開始
平成 2年 5月 宝塚市地域福祉計画策定
4月 機能訓練事業を市から受託
4月 在宅障害者「一般デイサービス」事業開始
平成元年 4月 1日 緊急通報システム事業開始
4月 1日 安倉デイサービスセンターオープン 老人デイサ-ビス事業開始
4月 1日 ホームヘルプサービス事業市受託開始(独自との2本立て)
昭和63年 4月 要約筆記奉仕活動派遣事業を市から受託
4月 ボラントピア計画策定
昭和62年10月 第2会食サ-ビス事業開始(喜久の会の協力により)
4月 小地域福祉活動推進モデル地区指定事業開始
昭和61年 4月 1日 福祉ボランティアのまちづくり事業を国から指定を受ける
(指定期間 61.4.1~63.3.31)
4月 1日 宝塚市老人福祉センター管理運営を市から受託
昭和60年10月 障害デイサービス「しおんの園」開園
7月 1日 宝塚市総合福祉センターオープン
6月26日 南口事務所 宝塚市総合福祉センターへ移転
6月15日 小林事務所 宝塚市総合福祉センターへ移転
6月12日 宝塚市総合福祉センター管理を市より受託
昭和59年 4月 1日 希望学級(重度障害者デイサービス事業)を市から受託
→希望学級は終了し、しおんの園へ
昭和58年 8月 ホームヘルプサービス事業開始
4月 老人会食サービス事業開始(久実の会の協力により)
昭和57年 4月 1日 小林事務所開設
(ボランティアセンター、心配ごと相談所、福祉電話は南口事務所)
昭和56年 6月10日 訪問入浴サービス事業開始
昭和51年12月23日 ボランティア活動センター開設
昭和50年10月 1日 老人福祉電話事業開始
昭和49年 4月 1日 宝塚市老人憩の家運営業務を市から受託
福祉委員会設置 委員会に組織推進部会他4部会を設置
3月 社会福祉大会事業開始
2月26日 事務所移転(南口再開発ビル B棟4階)
昭和48年 4月 1日 「やまびこ学園」公立として市へ移管
3月 5日 会員規程施行(会員募集始まる)
昭和47年 7月 社協だより発行開始
昭和46年 8月 1日 精神薄弱児通園施設「やまびこ」学園開園
昭和44年 3月31日 老人、身障者家庭奉仕事業市に移管
昭和43年 6月 事務所を宝塚市老人福祉センターへ臨時移転
4月 1日 宝塚市心配ごと相談所開設(宝塚市老人福祉センター)
4月 1日 宝塚市身障者家庭奉仕事業を市から受託
4月 1日 日本赤十字社事務、宝塚市愛の持ち寄り運動協会事務等の業務を
宝塚市より事務移管される
2月28日 社会福祉法人として厚生省より認可
定款施行  理事13名 評議員40名
昭和41年 9月 1日 社会福祉法人化にむけて宝塚市社会福祉協議会設立
8月31日 宝塚市社会福祉協議会解散
4月 1日 宝塚市老人家庭奉仕事業を市から受託
昭和38年 6月 1日 宝塚市善意の日制定併せて宝塚市善意銀行設置
昭和35年 5月25日 部会制度設置 民生援護部会他4部会
昭和31年10月 共同募金宝塚支部事務開始
昭和29年 7月 1日 宝塚市社会福祉協議会発足
事務局 :市役所内
初代会長:千桝 長蔵