高齢になっても自分らしく生活したい

宝塚市高齢者・障がい者権利擁護支援センター

権利擁護支援センターは何をするところ?

高齢者や障がい者が、住みなれた「たからづか」で主体性をもって自分らしく安心して暮らし続けることができるよう、個人の権利を護ります。 高齢者や障がい者が、ご自身で日常生活上の判断をすることに不安を感じたり、将来の生活に不安があるなど、お困りごとがあってもどこに相談したらよいのかわからない場合、専門の相談員がご相談に応じます。
住みなれたまち「たからづか」で、安全・安心な生活を送り続けられるよう、ご本人のお気持ちに寄り添い、関係機関と連携をとりながら支援させていただきます。

ご利用の流れ

まずは電話やメールでご連絡ください

「これって権利侵害なの?どこに相談していいのかわからないんだけど…」
「財産・金銭管理を自分で行うのが難しくなってきた。」

連携先

  • 障害者相談支援事業所
  • 地域包括支援センター
  • 弁護士・司法書士等
  • その他関係機関

一般相談

権利擁護に関する相談や、成年後見制度の手続きなどに関する相談を、電話・FAX、来所、訪問にて受付けます。(相談料無料)

相談受付時間
月曜日~土曜日9:30~17:00(祝日、年末年始は除く)
※ただし障害者虐待に関するご相談は、夜間、日曜、祝日でも電話で受付を行います。

権利擁護専門相談

「自分が亡くなった後、障がいのある子どもがどのように生活するか心配…」
「成年後見制度の内容や手続きについて知りたい」

法律専門家によるアドバイスが必要と思われる場合、法律職(弁護士・司法書士)と福祉職が一緒にご相談をお受けします。(相談料無料)

相談日
第2、4水曜日 14:00~16:00
※事前にご予約下さい。

権利擁護等の啓発活動

地域の会合等での出張講座や講演会を実施し、権利擁護や成年後見制度利用に関する啓発活動を行います。また、市民後見人(親族以外の市民による後見人)などの養成も行います。

お問合せ先

住所 〒665-0825
宝塚市安倉西2-1-1(総合福祉センター内 2階)マップを見る
電話番号 0797-26-6828
FAX 0797-83-2766
E-mail takarazuka-kenri@nifty.com

[設置] 宝塚市
[運営主体] 社会福祉法人 宝塚市社会福祉協議会

ページトップへ