第6次地域福祉推進計画

安全で安心な楽しいまちをみんなでつくろう

平成29年度~平成33年度

Ⅰ.計画の策定に向けて

計画策定にあたっての社会的・制度的背景

今日に至るまで、少子高齢化や核家族化、生活スタイルの個別化により、人とヒトとの関係性の稀薄化、家族機能や地域福祉力の低下が社会問題化され、さらに近年は様々な問題が絡み合い、社会的孤立や貧困、地域からの排除など支援困難なケースが浮き彫りとなってきました。

このような生活課題に対して国は、新たな制度・政策を打ち出し、地域福祉の視点を取り入れた社会保障制度改正を進め、さらに国では2016年「ニッポン一億総活躍プラン」、厚生労働省が「我が事・丸ごと地域共生社会実現本部」を設置し、地域福祉の政策化が進められようとしています。
制度・分野ごとの「縦割り」や、「支える側・支えられる側」という関係を超えて、地域住民や多様な主体が「我が事」として参画し、人とヒト社会資源が世代や分野を越えて「丸ごと」つながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域を共につくっていく社会をめざす、という政策が検討されています。

動向・潮流を見据えた計画策定

第6次地域福祉推進計画は、国の施策や福祉の潮流に沿い、地域福祉を支える人づくりや多様な分野が地域福祉に参画する仕組みづくり、様々な人達が地域で役割を持ち活躍できる地域づくり、多様な関係者がつながり、地域共同ケアなど包括的な総合相談支援体制づくりなどをめざし策定しました。

Ⅱ.計画の基本方針と4つの基本目標

宝塚市の諸計画と位置付け

宝塚市の第2期宝塚市地域福祉計画をはじめとする行政計画との整合性に配慮し、行政施策との連携・協働を進めていきます。 また、本計画は、さまざまな住民が主体となって実行する計画であり、多くの地域住民の声が反映されています。このことから、この計画は地域住民の主体性に基づくもの であり、実施過程においても地域住民が主体性に基づいて展開するものです。

1. 計画の方針

これまでの、「安全で安心な楽しいまちをみんなでつくろう」を基本方針(理念)として事業を進めていきます。

宝塚市社会福祉協議会の基本方針
安全で安心な楽しいまちをみんなでつくろう
安全で まちを 困っている人を見逃さないで支え合えるまち
安心な 誰もがいつまでも安心して住み続けられるまち
楽しい 自分の役割やつながりがある楽しいまち
みんなでつくろう みんなが協働してつくる

2. 基本目標と実施目標

4つの基本目標を定め、基本目標ごとに事業を展開します。

4つの基本目標の構造

※画像クリックで拡大します

Ⅲ.基本目標に沿った事業展開

【基本目標1】福祉でまちづくり

身近な地域の生活課題を「我が事」として捉え、皆が関わり支え合うことで、まちの活性化を図る。

  • 住民主体による地域福祉活動は、生活・交流している身近な範域で行われています。まちづくり協議会の「まちづくり計画」の見直しの際に、地域事情・特性に合わせながら福祉分野の取り組みを盛り込み、行政と共に多様な支え合いができる地域社会をめざします。
  • 小学校区範域では、多様な人々が交流し情報交換・協議・協働のできる「拠点」、より身近な地域では、気軽に立ち寄れる「居場所」も必要です。このような場を活用し、子どもから高齢者、障害者がつながり合えるまちづくりを進めます。
  • まちづくりを推進していくために、潜在化している「地域の人材」を見つけることが大切です。まちづくりを進める上で、継続的に協働できる人材の育成と発掘に取り組みます。
  • 域支援という視点を育み、地域との協働を意識し活動できる専門職養成とネットワークづくりに取り組みます。

【事業展開】
小学校区域における生活基盤の整備
地域福祉を支える人づくり

小学校区を単位とした福祉のまちづくり
  • 自治会などの身近なエリアでは、仲間作りの場=居場所を通じて「発見・つなぎ」、「話し合い」、「学習・啓発」、「活動・支援」などの具体的な地域福祉活動を推進します。
  • 小学校区エリアは「福祉のまちづくり計画※」の策定支援を行い、計画的・継続的な地域福祉活動を推進します。

見直し予定であるまちづくり計画の福祉の取り組み

拠点づくりと人材育成
  • 小学校区エリアの空家、空き店舗、福祉施設等の活用の可能性を調査し、地域のニーズにあった活動拠点を整備します。
  • 新しい総合事業を活用し、地域住民によるつながりづくりを進めるコーディネーター(人材)の研修を行い、小学校区単位での体制を整備します。
  • 小学校区やブロックエリアを基盤とし、当事者を含めた住民同士の交流を通じて、相談から生活課題を発見し、それらの課題に対応した福祉活動を開発する地域人材を養成します。
福祉専門職の相互啓発・ネットワークづくり
  • 地域住民との協働による解決や社会福祉法人の保有する資源を活かすなど地域に根ざした、専門職のネットワークを作り、地域福祉の視点にたった専門職を養成します。
  • 地域における共生社会づくりを目指し、多様な分野の事業者で構成するラウンドテーブルを設け、新たなまちづくりやまちおこしを創造します。
福祉でまちづくり ~おおむね自治会のエリアから小学校区エリアにおける生活基盤図~

※画像クリックで拡大します

ささえあう仕組みづくり ~地域福祉における課題解決のネットワーク図~

※画像クリックで拡大します

【基本目標2】多様性を認めあう共生の地域づくり

すべての人たちが互いに認め合い、いきいきと暮らし、活躍できるまちづくりを進める。

  • 何らかの支援が必要になったとしても、支える側・支えられる側という関係ではなく、自身の強みを生かし役割を担い活躍し、互いに支え合いながら暮らし続ける地域づくりをめざします。
  • 当事者自身が自分の力を引き出し、当事者自身がお互いに知恵を寄せ合い、力合わせができる場づくりを推進します。
  • 多様性を理解し認め合い、自分らしさを尊重し、社会的孤立を生まず社会的排除をしない地域づくりを、地域住民や専門職・民間事業者も相互にエンパワメント(※)しながら進めます。

【事業展開】
当事者の社会参加や活躍を可能にするまちづくり

地域の協議の場や活動等へ当事者等が役割を持ち、活躍できる場づくり
  • 当事者が地域の場へ積極的に参加できるよう働きかけ、さまざまな諸課題を共有し、当事者本人やその周辺の理解を深め、当事者が主体的に参画できる地域づくりを進めます。
  • 当事者が日常的に地域住民と関わりを深め、地域活動の中で役割を担うプログラムを開発します。
  • 新たな就労・雇用の場を企業や事業所などと協働プロジェクトを立ち上げ、開発します。
地域や学校における新たな福祉学習や福祉教育
  • 地域交流の場や教育現場を通じて、当事者自身が自らの体験を伝え、「知ること・関心を持つこと・共感すること」を促進します。
  • 偏見や差別をなくす地域づくりに向けて、教育現場だけでなく、地域と協働した地域福祉学習や権利擁護学習を進めます。
当事者の自立支援と相互のエンパワメント
  • 当事者の、自立生活支援に対応するプログラムを提供し当事者のエンパワメントを進め、地域住民や専門職・民間事業などと理解を深め、相互にエンパワメントし地域での共生社会をめざします。
  • 当事者同士のつながりづくりやセルフヘルプグループ(※)の立ち上げを支援し、社会参加をはじめ、共通する生活課題を解決するための話し合いの場をつくります。
  • 子どもから高齢者、また心身に重度の障害があっても、ライフステージに応じた自分らしい暮らしの実現をめざし、日中活動の場の充実を図る。

※画像クリックで拡大します

【基本目標3】ささえあう仕組みづくり

地域で支え続ける仕組みと、課題解決に向けた循環型・開発型の取り組みを進める。

  • 地域で支え続けるために、学習→話し合い→活動などを通じて循環型の解決策をつくり出す仕組みをつくります。
  • 心身の状況が悪化しても地域で暮らし続けるために、多様な担い手による支援体制と支え続ける仕組みが求められており、住民だからこそできる支援と専門職だからこそできる支援を融合し、機能し合えるネットワークづくりを進めます。
  • 小学校区ごとの活動を支え、また地域内の福祉専門職や多様な分野の人々が協働し、さまざまな社会資源や人々がつながり、開発的に課題解決できる仕組みづくりを進めます。
  • 全市対応のセーフティネットの仕組みを実行性のあるものとし、宝塚市セーフティネット会議の仕組みを充実していきます。

【事業展開】
地域福祉の課題解決に向けた協議

循環型の協議・協働の仕組みづくりと総合相談支援体制づくり
  • おおむね自治会エリアと小学校区エリアは、住民による主体的な活動(発見・気づき・支え合い)をPDCAサイクル(※)で循環させる仕組みを進めます。
  • ブロックエリアは、情報共有の場としてブロック会議を設置し、制度では対応できない課題への対応については、地域生活支援会議を設置します。
  • 全市エリアでは、宝塚市セーフティネット会議、宝塚市生活困窮者自立支援推進会議や地域課題化検討部会などにおいて、課題解決方法などを検討し、必要に応じ開発型プロジェクト検討チームを開催し、政策や事業の立ち上げなどを検証します。
  • これらの取り組みにより、制度にとらわれない地域を基盤とした総合相談支援体制をめざします。
福祉分野を超えた各種のネットワークづくり
  • 民間団体・事業所(商店、金融、コンビニ等)の参画を促進し、校区ネットワーク会議や見守り活動にて、それぞれが抱える地域での諸問題について共有し、解決に向け協働します。
  • 市内の社会福祉法人連絡協議会を通じて、地域の社会貢献につながる新たな取り組みやプロジェクトを立ち上げます。

語句説明

  • エンパワメント・・・・・・・本来持っている能力を十分に発揮し、内発的な力や自らの生活を自らコントロールできるよう能力をつける。また、その人自身の潜在的な力を引き出し、自身の強さを自覚して行動できるような働きかけのこと。
  • セルプヘルプグループ・・・・共通の悩みや問題を抱える人や家族が、思いや体験を共有し、自分らしく生きていく力を得る事を目的に集まるグループ。
  • PDCAサイクル・・・・・・・Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)、のプロセスを順に実施し繰り返すことによって、優良な活動を維持・向上・改善させていく仕組み。

【事業展開】
地域共同ケアとその体制づくり

住民と共同した切れ目のない支援の体制づくり
  • 誰もが住み慣れた地域で暮らし続けられる体制づくりとして、既存の拠点、空き家や商店などを活用して、住民と専門職が協議・協働できるケア拠点をつくります。
  • 社協が運営するケア拠点では、すべての人の居場所や役割づくりを実現するために、近隣住民を中心とした運営委員会を設置し、地域課題や福祉サービスのあり方について検討します。
地域・在宅での生活を支えるケア体制づくり
  • 高齢者や障害者など心身の状況が重度化しても、地域住民、福祉専門職や医療関係者との連携を強化しながら、在宅生活を支えるサービスを充実します。
  • 社協は24時間・365日の対応として、新たに定期巡回・随時対応訪問介護・看護事業、小規模多機能居宅介護事業などに取り組み、デイサービスの拠点を活用し、緊急時の相談や一時的な宿泊対応などの体制を整備します。
地域とともに進める災害時要援護者支援
  • 日常的な見守りや助け合いのできるまちづくりを進めながら、地域住民をはじめ、行政・福祉施設・関係機関が連携し、一人でも多くの災害時要援護者を支援する体制を各地区に広げていきます。
  • 地域で行われる避難所開設訓練等を通じて、災害時要援護者の支援のできる地域をめざします。
多様な担い手による支援体制と支え続ける仕組み

※画像クリックで拡大します

【基本目標4】地域福祉の基盤づくりと計画・マネジメント

住民の参画による互いに支え合う地域づくりをめざして、地域福祉の基盤づくりを進める。

  • 住民だけでなく行政、社会福祉法人、事業者などさまざまな主体が参画し、地域の課題を解決する場づくりを進めます。
  • 福祉分野を超えた多様な地域の資源を活用し、新たな地域福祉の拠点や財源を生み出します。
  • 社会福祉協議会の3つの側面(協議体・運動体・事業体)について、協議体の側面を軸としながらも、それぞれの側面のバランスに配慮し、地域福祉の推進役を果たします。
  • 社協組織や経営体制の見直し、多様な働き方や魅力ある職場づくりを進めます。

【事業展開】
地域福祉の基盤づくりと計画・マネジメント

地域福祉の活性化に向けたマネジメント
  • 社協だけでなく、多様な主体が参画する各種のプロジェクトを立ち上げ、地域福祉における問題・課題の解決にむけ、新たな社会資源をつくりあげていきます。
  • 地域福祉財源を確保する方法として、従来の取り組みに加えて、テーマ型募金や寄付つき商品等を開発し、募金活動や募金活用の新たな展開を図ります。
  • 福祉専門職の人材確保のために、介護保険事業者協会や社会福祉法人連絡協議会などと協働し、福祉の仕事の魅力を幅広く発信します。
新たな時代に対応した社協マネジメント
  • 「協議体」、「運動体」、「事業体」を基本とした「住民主体の地域福祉を実現する組織」であることを再確認し、今後10年を見据えて、社協組織や経営体制を見直すため、新たに組織経営等の具体策を検討する「(仮称)経営基盤整備研究会」を立ち上げます。
  • 本計画に基づき、単年度の事業計画を作成し、定期的な点検を行いながら、地域福祉活動推進委員会を発足し、各事業を報告し、評価していきます。

宝塚市社会福祉協議会 第6次 地域福祉推進計画

<概要版>

平成29年(2017年)3月発行

編集・発行 社会福祉法人 宝塚市社会福祉協議会
〒665-0825 兵庫県宝塚市安倉西2-1-1
TEL:0797-86-5000 FAX:0797-86-5069
U RL:http://takarazukashakyo.life.coocan.jp/
E-Mail:shakyo@nifty.com

ページトップへ