2level_left2
2level_left3
2level_left4
2level_left5
2level_left6
2level_left7
2level_left8
2level_left9
2level_left10
2level_left11
2level_left11
あなたの暮らしの安心を支えるサービス
日常生活自立支援事業生活福祉資金
日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)とは
介護保険制度や障害福祉サービスの利用の手続きや日常の生活費の引き出し、支払い、郵便物の確認など、日常生活上必要なさまざまな「手続き」のお手伝いをします。
※特別養護老人ホームなどの入所契約、治療・入院に関する契約、掃除・洗濯・買い物、介護・看護、不動産や預貯金の資産運用、財産管理などはできません。
※ご希望された場合、通帳、印鑑を社協の金庫でお預かりすることができます。
サービスの流れ

電話、訪問などで、専門員があなたのお困りごとをお聴きします。

社会福祉協議会の専門員がご自宅を訪問し、サービス(お手伝い)の内容を相談し決定します。

あなたとサービス内容をお約束します。ご了承後、「契約」を結びます。

生活支援員が訪問し、契約した内容の生活のお手伝いをします。(利用料/1時間あたり500円)

通帳や印鑑の再発行手続きを度々している
請求書や領収書を見ても、いつ買ったのか、また支払ったのかを覚えていない
1ケ月の生活費がどれだけかかるのかがわからず、月末には足りなくなってしまう
おろしてきたお金が家の中で度々なくなってしまう
市役所からきた手紙の内容がわからない
など

見知らぬ業者が出入りして、工事をしたり、物品を次々と購入しているようだ
銀行で自分の年金が引き出せず、窓口でおろおろしているのを見た
家の様子が荒れているように見える。ちゃんと生活ができているのかしら・・・
お金を借りにくるので迷惑していると近所から苦情が出ている
など

福祉サービスを利用したいけれど、手続きの仕方がわからない
福祉サービス利用料、公共料金、医療費、家賃等の支払いができない
生活費がうまくおろせない
家に来る郵便物の整理ができず、大切な書類を提出できないのではと心配
通帳や印鑑の置き場所を忘れてしまう
など

宝塚市社会福祉協議会 あんしんサポートセンター
TEL.0797-86-5004(直通)
生活福祉資金とは
生活福祉資金は、低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯などで生活に一時的に困窮している世帯に対し、その必要な費用の一部を貸し付けるとともに、民生委員や社会福祉協議会による相談支援を行うことによって、社会参加の促進を図る制度です。
福祉資金
資金の種類 貸付限度額(上限) 資金使途 貸付利子
福祉費 580万円以内
※使途(資金の目的)により、目安となる額・期間が定められています。
低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯が日常生活を送る上で、又は自立生活に資するために、一時的に必要であると見込まれる経費
■日常生活を送る上で必要な 福祉機器の購入にかかる費用
■障害者の通院、通所等に使用 する自動車の購入にかかる費用
■住宅のバリアフリー化等の増築、改築、拡張、補修、保全にかかる費用
■疾病の療養に必要となる経費
など
無利子(但し連帯保証人を立てられない場合は1.5%)
緊急小口資金 10万円以内 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける費用 無利子
教育支援資金
資金の種類 貸付限度額(上限) 資金使途 貸付利子
教育支援費 高校  月額3.5万円以内
短大等 月額6万円以内
大学  月額6.5万円以内
低所得世帯に属する者が高等学校、大学(短大及び専修学校を含む)等に就学するのに必要な経費 無利子
就学支度金 50万円以内 低所得世帯に属する者が高等学校、大学(短大及び専修学校を含む)等への入学に際し必要な経費 無利子
教育支援資金
資金の種類 貸付限度額(上限) 資金使途 貸付利子
教育支援費 高校  月額3.5万円以内
短大等 月額6万円以内
大学  月額6.5万円以内
低所得世帯に属する者が高等学校、大学(短大及び専修学校を含む)等に就学するのに必要な経費 無利子
就学支度金 50万円以内 低所得世帯に属する者が高等学校、大学(短大及び専修学校を含む)等への入学に際し必要な経費 無利子
総合支援資金
資金の種類 貸付限度額(上限) 資金使途 貸付利子
生活支援費 二人以上の世帯 月額20万円以内
単身世帯    月額15万円以内
失業者等の低所得世帯で、日常生活全般井困難を抱えている方の生活再建に必要な費用 無利子(但し連帯保証人を立てられない場合は1.5%)
住宅入居費 40万円以内 同世帯の住居の賃貸契約を結ぶための費用
一時生活支援費 60万円以内 同世帯の生活を再建するために一時的に必要な費用
※申込みには原則として1名の連帯保証人が必要です
※詳細はお電話等にてご相談下さい

宝塚市社会福祉協議会 せいかつ応援センター内(市役所内)
TEL.0797-77-1822(直通)